セーブマネーボックス

airbnbをするなら運用代行の業者に頼むと安心

  1. ホーム
  2. 安定した運営を考えること

安定した運営を考えること

メンズ

家賃が入らないと収入減

賃貸経営をする方にとって、最大のポイントが家賃を毎月回収できるかです。賃貸経営では、家賃収入がなければ利益を得ることができません。人によっては、ローンを組んで賃貸物件を購入しています。家賃収入がないとローン返済もできないため、毎月の収支がマイナスになります。そこで、どうしたら確実に家賃を回収できるか考えましょう。入居者を吟味したとしても、入居者側も事故や病気などの影響で家賃が支払えないこともあります。事故や病気なら仕方がないとしても、物件のオーナーとしては家賃収入が無いと困ります。そこで利用できるのが家賃債務保証会社の存在です。家賃債務保証を利用することで、入居者が支払えない状況でも、確実に家賃が回収できます。

確実に家賃を回収できる

家賃債務保証会社では、入居者が支払えない代わりに支払う、連帯保証人のような存在です。連帯保証人を設定できない方であっても、家賃債務保証を利用することで、賃料が支払えない月の支払いを肩代わりしてもらえます。入居者は支払えるようになったら、家賃債務保証会社に肩代わりしてもらった代金を返済します。あくまで家賃債務保証会社も事業なので、ボランティアで肩代わりしているわけではありません。いずれにしても、家賃債務保証会社がいれば、賃貸物件のオーナーは家賃の回収が確実にできます。家賃収入があれば、収入の計算も楽になって、どのようにお金を運用したらいいのか考えやすくなります。もちろん家賃債務保証は、空き室には適用外なので、賃貸物件オーナーは空き室管理を行うことも忘れてはいけません。